援助交際のメリット

メリット

援助交際というものは、男性とセックスするだけで、それなりの金額を手にできるわけですから、女性にってはかなりおいしい話ということになります。
セックスが嫌いではなく、相手に抵抗がなければ、それなりにいい仕事になるでしょう。
もちろん誰かに強要されている行為でもありませんから、自己責任のもと自由にやっていいということになります。
いい時だと、1日に10万円以上も稼げるわけですから、マクドナルドのバイトがバカバカしく見えても仕方ありません。
また、男性側も支払いをした分の元を取れるだけの快楽を得られるわけですから、不愉快になる人はいないでしょう。
そうなると、結論としては「エンコー、サイコー!」ということになります。
世界最古の職業とも言われている売春ですが、援助交際でお金が得られることに否定的にならない女性がいる限り、援助交際は今後も存在し続けるでしょう。
また、表向き位は援助交際には未成年者はいないことになっていますが、実際は、女子高生が気軽なバイトとして活躍しているのが実態です。
数時間で数万円ゲットできるという誘い文句が、一部の女子高生の間で信仰されているのです。
男性はもちろん犯罪だとわかっていますが、相手が女子高生という魅力い抗することができないわけです。
誰にとってもメリットがある逆援助交際を、犯罪だからといって、辞められるわけがないのですね。
また、暴行や強盗と違い、他人を傷つけないのが援助交際です。
このような理屈が平気で通用する世界ですから、この期に及んで辞めろと言われても困るということでしょう。

ギャルと仲良くなる

仲良くなる

彼は、普段は焼肉店でオーナーを務めている40代の男性です。
ですが、彼の悩みは、普段の仕事の中から出会いを見つけることが出来ず、女性と関係を持つことができないということでした。
彼はまだ結婚をしていないのですが、それは特定の女性とずっと一緒にいるということが彼にとっては考えられないことだったからだといいます。
そんな彼が求めているのは、いわゆる援助交際の関係だったのだそうです。
恋愛感情はそこになかったとしても、お金のやりとりで割り切った関係をするということを、彼は望んでいたと語ります。
そこで、彼が利用をすることになったのは援助交際の掲示板で、そこに自分の自己紹介を書き込みました。
そうして待っていると、多くの女性からの反応を受け取ることに成功しました。
援助交際掲示板ということだけあって、援助交際を求めている人はかなり多いということなのでしょう。
彼が援助交際の相手として選んだのは、その中で一番若くてギャルっぽい彼女でした。
若さからなのか、彼女のメールの返信はかなり早かったのだといいます。
そして、とんとんと話が進んでいき二人は実際に会うことになったのですが、ホテルへ直行することはせずまずは二人でカラオケに行きました。
援助交際をするということで、普通にセックスをして終わりだと思っていた彼は、普通のデートをすることができるようなことも楽しいと感じたと語ります。
最終的にはもちろんホテルへと向かって、まずはお金を相手に渡します。
それから、若い女性の身体を彼はじっくりと楽しんだといいます。
40代くらいの男性なら、経済力があるのではないかと思われるので、援助交際でも相手を見つけやすいのだといいます。
それからも、彼は援助交際の掲示板を使うことをずっと続けていきたいと思っているそうです。

割り切れる女性達

女性達

彼女は、援助交際をどうしてするのかという問いについては、たった一言で答えてくれました。
お金がほしいから、これが彼女が援助交際を続けている理由のすべてだといいます。
確かに、援助交際では男性との一回のセックスで数万円というお金を稼ぐことができるのですから、
お金を稼ぐ方法としては簡単だと考える女性も確かに多いのでしょう。
彼女は現在短大に通っている21歳の女性ですが、数年前から援助交際をするようになり、今も続けているといいます。
今では出会い系サイトを使うなどして援助交際をしているといいますが、最初のきっかけはたまたまだったといいます。
ナンパをされて、相手の男性についていってみると、ホテルへ行って関係を持つことになりました。
そして、それが終わったときに男性から、三万円を手渡されてしまったのだといいます。
彼女はそのお金で好きなものを買ったのですが、またお金が欲しいと思うようになると、援助交際をするようになっていったといいます。
そして、出会い系サイトでなら、同じ援助交際を求める男性が多くいるのではないか、と考えたということです。
援助交際は、出会い系サイトの中ではサポという言葉で呼ばれるのですが、実際に出会い系サイトではサポという言葉が非常によく行き交っています。
相手が自分の好みの男性でなくとも、結果的にお金がもらえるということであれば、彼女は援助交際をすることに抵抗もなにもないのだといいます。
援助交際はあくまでお金を稼ぐための手段であり、そこに個人的な感情を持ち込むことはないのだといいます。
あくまで割りきった関係で居続けることができるからこそ、彼女たちは援助交際を続けていけるのかもしれませんね。

快楽的な人生

快楽的

今では主婦であり、一時の母でもあるAさんの話です。
Aさんは、かつて援助交際をしていた経験があります。
きっかけは、勤務先で上司に誘われたことでした。
職場の飲み会があり、そこで盛り上がったあと、上司とラブホに直行して関係を持ったのですが、そのときにお金を渡されたのが始まりです。
Aさんは「これって援助交際じゃ・・・」と思ったようですが、その後も上司と関係を持つたびにお金をもらいました。
別に上司に対して恋愛感情はなく、あくまでもセックスだけをする関係でしたので、Aさんは「これも仕事のうち」と割り切って、援助交際を続けたのです。
その上司とはAさんが退職するまで関係が続きましたが、上司もAさんも、職場ではお互い何もないように振る舞い、お互い家庭には立ち入らず、ある意味粛々と援助交際をしていたわけです。
Aさんは、援助交際でお金をもらえることに喜びを感じていましたし、上司とのセックスも嫌いではなかったのですが、現在の旦那さんと出会ったときに、初めて援助交際に後ろめたさを感じたようです。
退職してから上司の男性と会うことはありませんが、今になって旦那さんに申し訳ないような気がすると言います。
Aさんは、現在女の子の母親です。
お子さんが援助交際をしたらどうします、という質問に、Aさんは絶対に許さないと答えます。
自分は当時、それでいいと思っていたけど、後々必ず後悔するからだと言います。
極めて大人の回答をしてくれたAさんですが、若い女の子には気をつけて欲しいとAさんは話してくれました。

神待ちとは?

とは

神待ちとは、家出を出てしまって、その日の生活費や、暮らす場所さえなくて、困り果てている女性を助けてくれるサイトです。
サイトの会員になって、自分の状況を書き込みます、すると親切な男性から返信があって・・・。
それからは一緒に会って、ホテルに行ったり。そうやるだけで、お小遣いをくれたり、宿泊出来るところを紹介してくれたり、かなりお得なことです。
このサイトについて誤解する人はこんなことを思います。「セックスするなら、援交じゃない?」
確かにパッと見は同じかもしれません。しかし全くそれとは違う部分があります。それは何か? 男性がただ単にセックスだけが目的で近づいてくるわけじゃない。そういうところです。
確かに金銭を使って、女性と出会うわけですから、男性側がそれを望んでいないことはないでしょう。
しかしそういうことよりも、男性は、困っている女性を援助したい、そう思っているのです。
そういうわけですから、援助交際よりも、安全だと言えるでしょう。
だってただ単に、会うだけとか、宿泊場所を提供するだけとかいうのもありますから。
だから普通の援助交際とはまるで違うと言っていいでしょう。こんな荒んだ社会でも、こうやって困っている女性を助けようと思う男性がいるサイト、それが神待ちサイトです。
家を飛び出して、どうしようもなくなれば、このサイトに助けを求めましょう。

Copyright(c) 2014 援交サイト人気ランキング-dreamingofkittens- All Rights Reserved.